1. 転居手順

ネットで検索してみつかる手順説明の多くはDNS設定の観点からは間違いだ。-- ToshinoriMaeno 2020-01-01 05:52:33

webサーバーを移転するときにはDNSサーバーは移転してはならない。(「浸透」を言いたくなる)


whois historyの調査方法:https://domain-status.com/www/iyotama.com

ご意見はこちら にどうぞ。-- ToshinoriMaeno 2018-03-16 01:17:25

エックスサーバーでSSL化したWordPressをカラフルボックスへ移転する方法 https://contrabass.org/blog/transfer-server-to-colorfulbox/

このページは再構成する必要がある。


twitter上で「サーバー 移転」を検索すると、たくさんヒットする。 DNS関係については間違い手順が書かれている。

   エックスサーバーからConoHa WINGへの移行手順をまとめました。 めちゃくちゃ頑張って書きました。
 1:23 - 2019年1月15日

手順を説明するリンクも見つかるが、ほとんどが特定サーバーサイトへ誘導するものだ。

転居ではどこへ移動するかよりも、まずはなぜ移動するのかをよく考えるべきだ。

セキュリティの観点からも、手順を見直す必要があることに気づいた。:-<

-- ToshinoriMaeno 2019-04-19 13:37:13

1.1. サーバーの移転

なんのために移転するのか。why

なにを移転するのか。what

どう移転したいのか。 how

いつ移転するのか。when

誰が作業するのか。who

他には? SSL証明書

なぜネームサーバーを引越するような手順がほとんどなのだろう。

1.2. HTTPSサイトの引越

手順を説明した業者は見つけていない。(課題) /HTTPSサイトの引越

webサーバー業者が証明書取得をうたっている場合には問題(サービスの中断)が起きるだろう。

1.3. 引越の条件は

xserverの手順に笑ってしまう。表示されない期間を作らないのは当然でも、並列運転だけでは十分ではない。

サーバーの移転に伴い、「ホームページが表示されない期間の発生」を防ぐ必要があります。
既存のホームページやメールを停止させずに今まで通り利用できるようにしておくことがポイントです。
そのため、移転が完了するまでは移転前のレンタルサーバーのご契約を継続したまま、期間を重複させてエックスサーバーをご契約ください。 

1.4. 説明の調査

WordPressをサーバー移転して引っ越す方法(XSERVER→MixHostの例) https://nelog.jp/xserver-to-mixhost#MixHost

これらのネームサーバー情報を利用しておられるドメインサービスで変更すれば、
数時間~72時間程度で徐々にMixHostサーバーにアクセスが流れてきます。

アクセス解析を見るに、僕の場合は全てのアクセスが流れてくるまで、72時間近くはかかりました。
なので、ネームサーバーを変更すると、元に戻すとまた反映まで時間がかかるので、
hostsファイルを使った念入りな動作確認は重要です。

僕の独自ドメインは、ムームードメインで設定しているので一応設定の紹介です。

xserverへの移転: https://rs.fitallright.com/steps-to-move-wp-to-xserver/

https://rs.fitallright.com/steps-to-move-wp-to-xserver/#6

1.5. よくある間違い手順

https://dare-tame.com/onamae-dns-change/

お名前.comドメインでネームサーバー変更後、DNS切替の浸透時間は2日だった

1.6. ???

How to transfer your website to another host

    Moving the website's files.
    Moving the website's database(s) (if any).
    Configuring your application to work at the new host.
    Pointing your domain's DNS to the new host.

How to Switch From One Web Host to Another (Step-by-step Guide) https://www.webhostingsecretrevealed.net/blog/web-hosting-guides/switching-web-host/

How to Move WordPress to a New Host or Server With No Downtime

1.7. 手順例

移転先サーバーのIPアドレス情報について書かれている。

http://primarytext.jp/blog/1545

/xserver間での移転

/recomtank

Xサーバー間でドメイン&ワードプレスを簡単に移転する【All-in-One WP Migration】 https://oidonnet.com/xserver-iten/

サポートの人に聞いたので早速Xサーバーをさらに新しくレンタルして 該当のワードプレスの移転を行うことにしました。

1.8. 業者の説明はおかしい

DNS(ネーム)サーバーを変更する必要はない。/DNSサーバーは移転するな

最近は/SSL証明書も持ち込むことになるので、持ち込めないXSERVERでは事情が異なるかも。 -- ToshinoriMaeno 2018-02-10 01:25:47

持ち込みを認めていないサーバー業者(XSERVER)での処理例:

-- ToshinoriMaeno 2018-02-10 01:25:47

webサーバーを動かせることだけを確認している場合なら、必要なし。(port 80)


1.9. 移転とは

webサービスの利用者がコンテンツを別の業者に移したいというもの。

移行(実際には呼び込み)サービスを用意している業者もでてきている。

「移転」はコンテンツを移すことであって、サーバ自身を移すのは「移設」という。

今風の「浸透待ち」発言の背景を知りたいと思って、web/サーバー移転の実例を追いかけている。

1.10. なにを移転するのか

ドメイン名、DNSレコード、DNS(ゾーン)サーバー、webサーバー、webコンテンツ、... これらはすべて分けて考えるべき対象です。メイルサーバもある。(最近のトラブル事例でもあった。)

SSL証明書も。

1.10.1. 分けて考えよう

サーバー業者の説明/ガイドには複数の項目を同時に移転させるものが多い。

転出の手続きを説明している文書は見たことがない。 -- ToshinoriMaeno 2018-02-09 01:36:08

1.10.2. ドメイン名の移管はするな

ドメインのDNSサーバー構成の登録はレジストラ経由で行いますが、そのレジストラ(業者)を変更する ことも可能です。これを「移管」と呼ぶようです。

構成の登録変更には「移管」は必要ではありません。

1.10.3. DNSサーバーは移転するな

webサーバーを移転するのにDNSサーバーの移転は必要ではありません。

webサーバーの移転の手順にDNSサーバーの変更が隠れていることがあります。

DNSサーバーを移転するには時間がかかるからです。「浸透遅い」に結びつきます。

もし、DNSサーバーも移転したいと思っても、

webサーバーのIPアドレスとDNSサーバーのIPアドレスとの変更は間をおいて、別々に行うべし。

「別々に」あるいは「どちらか単独で」移転している例も見られますが、同時に移転している例も多い。

-- ToshinoriMaeno 2017-07-17 07:52:16

1.11. 分離して移転するには

webサーバーのA/AAAAレコードを自由に設定できるかが問題である。

判定:

  1. 新DNSサーバーで旧webのIPアドレスを独自ドメインで設定できるか。
    • できるときにはDNSサーバーの移転を先に行うがよい。webの移転はゆっくりやれる。
  2. 旧DNSサーバーで新webのIPアドレスが設定できるか。(短いTTLが設定できることがのぞましい。)
    • できるときにはwebの移転を先に行ってよい。

どちらもダメなときは、そういう業者を選択した自分が悪い。

-- ToshinoriMaeno 2017-12-04 03:54:37

1.12. web移転

webの移転を扱わない話はここでは扱わない。

問題はwebの移転だけを扱う業者が少ないことだ。

webサーバを示すDNSレコードはどこにあるのか。それが鍵だ。

/だめな移転手順

1.12.1. webサーバを指すレコード

つまり、ドメインのDNSサーバーがどこにあるのか。

多くは移転元のwebサーバーを動かしている業者のDNSサービスを使っているのだろう。

-- ToshinoriMaeno 2017-12-04 02:39:44

1.12.2. webサーバーの移転

webコンテンツを移しただけでは移転したことになりません。

コンテンツが移動したことをドメインのDNSレコードに反映させる必要があります。

DNS/コンテンツサーバ/移転/JPRS手順

1.13. メイルサーバーの移転

webサーバーの移転方法の検討が一段落したので、メイルサーバーがどう扱われているか、調べることにする。 -- ToshinoriMaeno 2018-01-23 00:07:19

2. DNS移転は単独で

DNSの切替/移転には時間が必要になる。

/ゾーンサーバー移転

DNS/「浸透いうな!」について -- 浸透いうな! http://www.e-ontap.com/dns/propagation/

DNSの引越に関して「浸透待ち」と言っているケースはまず見かけない。-- ToshinoriMaeno 2017-07-13 06:00:46

ドメイン名、ドメインのゾーンデータ、webコンテンツはそれぞれに分けて移転を検討すること。

2.0.1. なぜ分けないのか

  1. 分けられることを知らない。(DNSがサーバーとは別だとは知らない)
  2. 業者の手順が同時移転しか説明していない。
  3. 契約が一体(おまけのDNSを使っている)

/同時移転できる条件

= DNSサーバーの移転は慎重に == DNS/1/ゾーンサーバ/移転 の手順

http://social.dnsmadeeasy.com/blog/safely-change-dns-record/

ゾーンデータを移すだけをでは移転したことになりません。

ゾーンのDNSサーバー構成に変更があったことを上位のDNSサーバーを管理している組織に通知して、 DNSサーバー情報(委譲情報)を変更してもらう必要があります。(2017年現在)

2.0.2. webとDNSのどっちを先に

/どっちが先

2.1. SSL対応

https://deaimobi.com/ssl-site-iten/

2.2. 一括転居が目立つ

呼びこむ側の手順ドキュメントを見ると、

web, DNSを同時に移転するのが目立つ。しかも、旧DNSは放置。(いわゆる「浸透待ち」を発生させる。)

移転元での作業をやるのは客なので、信用していないのだろうか。

/移動の例 /相談所 を見て欲しい。

webサーバーとDNSサーバーの変更(移転)をいっしょにやるのはトラブルの元です。

ドメイン名の移管を要求されることもあります。これは業者になにを頼むかによります。 -- ToshinoriMaeno 2017-11-15 11:59:18

2.3. DNSサーバーの引越トラブル

基本はこれです。委譲元を切り替えても、

委譲元のNSで指定されているTTLが経過するまでは旧NSへのアクセスがある。

旧DNSサーバーに新サーバーNSを追加しても、リゾルバー側で使われるとは限らない。

JPRSの宣伝: https://jprs.jp/related-info/guide/019.pdf

webサービスの移転をするひと本人が、DNSの引越を意識しているようには見えない。

2.4. 移転サービス

移転(代行)業者に頼んだら、瞬時に行われたというtweetを見かけたが、これは広告だろう。

-- ToshinoriMaeno 2017-07-12 23:12:19

サイト移行のための現況調査&プラン作成&お見積り http://sitemove.surv.co.jp/research

-- ToshinoriMaeno 2017-07-13 08:08:14

2.5. ドメイン名の移管

DNSサーバー移転の一環で、上位のサーバーに登録されているdelegation情報を変更する必要があります。

ドメイン名の管理までひと任せにしていると、やっかいです。

移転元のレジストラが他業者DNSへの書き換えを許していないこともあるかも。(移管が必要に)

2.6. サーバー業者による移転代行

https://www.cpi.ad.jp/managed/detail/support_transfer.html 移転代行サービスも無料

https://shared.gmocloud.com/iclusta/option/move/

  上記「作業内容」以外の作業は承りかねます。
    DNS切り替えにともなうお手続

2.7. 考察

なぜDNSサーバまで移転するのか。/DNS移転

なぜドメイン名の移管をするのか。/ドメイン名移管

なぜ浸透待ちというひとがいるのか。浸透がなにを指すのかはわからない。

-- ToshinoriMaeno 2017-11-17 00:03:24

Moin2Qmail: レンタルサーバー/転居手順 (last edited 2021-11-17 00:23:43 by ToshinoriMaeno)